活動報告

Tokyo健康ウオーク2018

Tokyo健康ウオーク2018
日時 2018年11月11日(日)
会場 中野区四季の森公園 中野セントラルパークカンファレンス
主催 東京都、NPO法人ブレイブサークル運営委員会
後援 厚生労働省、中野区、公益社団法人東京都医師会、
公益社団法人東京都歯科医師会、公益社団法人東京都薬剤師会、
公益財団法人日本対がん協会
特別協賛 オリンパス株式会社、栄研化学株式会社
協力 NPO法人東京都ウオーキング協会、公益財団法人東京都予防医学協会、
ホットマン株式会社、雪印ビーンスターク株式会社
内容 11月11日(日)、NPO法人ブレイブサークル運営委員会と東京都主催による 『Tokyo健康ウオーク2018 ~歩いて健康!正しく、大腸がん検診の大切さ~』が行われました。今回で記念すべき10回目を迎えました。

このウオーキングイベントは、運動習慣が大腸がん予防に有効であるという考え方に基づき、大腸がん検診を広く都民に呼びかけるもので、この日は良い天気に恵まれ、中野区四季の森公園から11kmと6kmのコースに分かれて総勢1,800人の方がウオーキングに参加しました。同時にコース途中に設けられた大腸がんに関するクイズのヒントを参考に、大腸がんのクイズに挑戦しました。

また、40歳以上の参加者が受けることのできる無料大腸がん検診には約800名の方が検体を持参しました。
ウオーキング終了後は、ゲストの小塚崇彦さん、上村愛子さんと斎藤 博医師によるトークショーが、大腸がんの経験者である原元美紀さんの司会で行われ、大腸がんの現状や検診の大切さについて理解を深めることができました。