5問のクイズにチャレンジ

 男性医師のイラスト
女性医師のイラスト
Q.
ヒント無しで
挑戦してみよう!
▶︎▶︎▶︎
    〇 正解
    こたえは
    「1位」です。
    大腸がんって増えているの?
    年間14万人以上が新たに大腸がんにかかっています。
    男女共に40歳くらいから
    かかる人が増えています。
    また、2017年には全国で5万人以上の方が大腸がんで亡くなっていて、 女性のがん死亡原因1位、男性では3位です。  

    出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」

      
     

    出典:国立がん研究センターがん情報サービス「がん登録・統計」

      
    症状が無いから大丈夫さ!
    大腸がんは早期では 自覚症状がほとんどありません。
    早期発見のためには40歳になったら、 症状がなくても毎年1回 大腸がん検診便潜血検査を受けてください。  
     

    出典:厚生労働省「大腸がん集団検診の組織化に関する研究」

      
    こたえは
    「95%以上」です。
    がんが見つかったら怖いなぁ…
    大腸がんは 早期発見・早期治療で
    95%以上の人が治ります。
    便潜血検査で陽性(+)になったときは、必ず精密検査(大腸内視鏡検査)を受けましょう。 ポリープなどは、その検査中に切りとれます。  

    出典: 厚生労働省「大腸がん集団検診の組織化に関する研究」

      
    こたえは
    「採便棒で便の表面全体をこする」です。
    大腸がん検診
    便潜血検査行います。
    自宅で便をとるだけの簡単な検査で、痛みも食事制限もありません。
    2日分の便をとり、指定の窓口へ提出します。
    採便棒で便の表面全体をこすります。
    採便容器は提出まで冷暗所(冷蔵庫など)で保管。
    ※容器は密閉されており、周囲を汚す心配はありません。
    毎年、検診を受けることで死亡する可能性が60〜80%も減ります。*1

    *1 出典:平成16年度 厚生労働省がん研究助成「がん検診の適切な方法とその評価法の確立に関する研究」班『有効性評価に基づく大腸がん検診ガイドライン』

    !
    症状が続く場合は、次の検診を待たずに
    すぐに医療機関を受診しましょう。
    気になる症状の一例
    • 便に血が混じる・付着する
    • 急に便の太さが変わった
    • 便秘下痢、その繰り返し
    • 腹痛や腹部のしこり
    など
    こたえは
    「血液」です。
      
    大腸にがんやポリープがあるとわずかに出血することがあります。
    便に血液がないかを調べて病気の疑いを見つけます。
    陰性
    (ー)
    血液反応
    なし
    病気の疑いは見られませんが、 毎年1回の便潜血検査を続けましょう。
    がんやポリープなどから常に出血しているわけではないため、たまたま「陰性(ー)」となる場合もあります。
    だからこそ検診は毎年続けることが大切です。
    陽性
    (+)
    血液反応
    あり
    何らかの病気の疑いがあります。必ず医療機関で精密検査を受けてください。
    陽性は痔のせいだと自己判断したり、便潜血検査をくりかえしたり、様子を見ることはまちがいです。
    !
    症状が続く場合は、次の検診を待たずに
    すぐに医療機関を受診しましょう。
    気になる症状の一例
    • 便に血が混じる・付着する
    • 急に便の太さが変わった
    • 便秘下痢、その繰り返し
    • 腹痛や腹部のしこり
    など
    こたえは
    「必ず精密検査を
    受ける。」
    です。
    便潜血検査の結果が 「要精密検査」「陽性(+)」だったら 必ず精密検査を受けましょう。
    精密検査大腸内視鏡検査を行います。
    検査前に約1〜2リットルの腸の洗浄剤を飲んで大腸内をキレイにし、肛門から内視鏡を入れて、 腸内に異常がないか詳しく検査します。
    出血を痔のせいだと自己判断するのはキケンです。 医師の指示に従いましょう。
    専用の検査着を
    はくから、はずかしくないですね。
      
    検査後の過ごし方は、医療機関の指示に従ってください。
    大腸内視鏡検査の
    イメージ
    内視鏡で大腸の中を
    くまなく検査します。
    ポリープなどは、
    検査中に切り取ります。
      
    治療開始
    精密検査で
    大腸がんが
    見つかったら
    大腸がんの治療方法は医療技術の進歩により、
    「内視鏡手術」「腹腔鏡手術」「開腹手術」「放射線療法」「化学療法」など、 とても選択肢が増えています。
    治療については、医師とよくご相談してください。
    内視鏡経験者の感想
    内視鏡検査って思っていたよりも楽だった。 腸の中もキレイになったみたい!
    内視鏡検査って腸内をみるだけだと思ってたら、 ポリープがあったらいっしょに取れるのね。
    便潜血検査で陽性(+)になったのは、 最近の便秘や痔のせいだと思っていたけど、 ポリープがあった。素人判断はキケンね。
    検査前に飲む腸の洗浄剤は、 スポーツドリンクみたいで、うわさより飲みやすかった。
    便潜血検査で陽性(+)をほったらかしたら、 翌年、また陽性(+)になりました。精密検査でがんが見つかり、 本当にひやりとしました。
    陽性(+)になってしまい、精密検査の費用を心配したけど、 健康保険が使えるのね。

    閉じる ×

    × 残念

    ヒントを
    見てみましょう

    もう一度チャレンジしてみよう

    閉じる ×

    Q.
    ヒント

    ヒント