ニュースリリース

ブレイブサークル 大腸がん撲滅キャンペーン
NPO法人ブレイブサークル運営委員会

平成31年度大腸がん検診・精密検査受診勧奨資材の提供を開始

精密検査(大腸内視鏡検査)経験者の声を多く掲載、これから検査を受ける方々の不安を解消に

当法人は、都道府県や市区町村が実施する大腸がん検診・精密検査の受診勧奨を支援するため、平成31年度版の大腸がん検診・精密検査の受診勧奨用小冊子や大腸がん検診普及啓発ポスターの無償提供資材について、内容を一部改訂して2月より提供を開始しました。

平成30年度はこれまでのデザインを一新して提供したところ、年間では平成29年度の約940の市区町村を大幅に上回る約1200の市区町村よりお申込みをいただきました。

平成31年度版は、精密検査小冊子について”陽性”になった時に精密検査を具体的にイメージしやすいように、これまで掲載していた”がんのステージ”や”内視鏡での治療方法”の記載を削り、検査の手順や大腸内視鏡で撮影した、大腸の写真や精密検査経験者の声を増やしました。引き続きユニバーサルデザインにも配慮しています。

<主な追加内容>

  • 精密検査の手順について
  • 精密検査経験者の声
  • 内視鏡で撮影した大腸の写真

 

<デザイン変更点>

  • 3種類の小冊子の表紙色は区別しやすい色分けのまま、イラストを更新
  • 精密検査小冊子は掲載内容を充実させたため、二つ折りから三つ折り紙面に
  • 啓発ポスターはピンク色が新たに仲間入り、水色とピンクの2色をA2,A3サイズでご用意
  • 従来の啓発ポスターデザインに加え、右下方に自由に記入できる窓枠欄を設け、各色、各サイズでご用意

<小冊子・ポスターの使用例>

【大腸がん検診全般用小冊子】

特定健診やがん検診の案内に同封、検診前の世代への情報提供、公共施設や医療機関へ設置

【便潜血検査小冊子】

特定健診やがん検診の案内や便潜血検査キットの配布に同封、公共施設や医療機関へ設置

【精密検査用小冊子】

便潜血検査の結果通知に同封、医療機関での結果説明や公共施設や医療機関へ設置

【大腸がん検診普及啓発ポスター】

公共施設や医療機関、薬局、街頭の掲示板などに掲示し、大腸がん検診について親しみやすいイラストで正しい知識を呼びかけ

 

○申し込みについて

当法人Webサイト「受診勧奨資材お申し込みバナー」よりお申込みください。https://www.bravecircle.net/items_page/